クレジットカードの極み

バカでもわかるクレジットカードの使い方

家計の管理にクレジットカード

個人事業主などがよく使う手法ですが、クレジットカードを複数枚所有し、それぞれ用途を分けてしまうという便利な使い方があります。

日常の買い物用、交際費用、外食用、交通費用、などなど。

このように用途を分けてクレジットカードを使えば、そのクレジットカードの明細書が家計簿代わりになります。

また使える残高なども決まっていますから、予算管理にも威力を発揮します。

クレジットカードはスーパー系、銀行系などとあって、それぞれ使い方によってポイントの付き方や割引サービスなども違っていますから、最適の一枚を最適な使い方で使えるというメリットもあります。

反面、クレジットカードでの買い物は現金を使用しない分買いすぎる傾向もあるので注意が必要であるとか、予算管理をしっかりしないと必要なものが必要な時に買えなくなってしまうとか、複数枚のクレジットカードをちゃんと管理していかなければならない、といったデメリットもあります。

うまくツボにはまればとても効率のいい手法です。

リボ払いを利用しよう

毎月少ないお小遣いの中でクレジットカードの支払いをするって凄く大変ですよね。

チョット高額な買い物をしちゃったり、考えもせず利用しちゃうとビックリしちゃう金額になってしまう時があって、スマホで請求金額を確認しつつ後リボに変更しながら調整しています。

そうすると支払いに困ったりする事も無いし、毎月の支払い金額を自分で決める事も出来るので苦しくなる事も無く普段通りの生活が出来るんですよね。

そして、ボーナスが出た時やお金に余裕が出来た時に一括で返済する事も出来るし、分割払いよりもリボ払いの方が私には合っている様な気がします。

月にいくら迄!と決めてクレジットカードを利用する様にしているんだけど、ソレを越えてしまった時にも返済方法を変更出来るサービスって嬉しいですよね。

急な出費があって困っちゃった時や、支払いでお金が必要な時にもクレジットカードがあれば大丈夫だし、コンビニのATMてキャッシングを利用する事も出来るし本当に助かってます。